お風呂に入るときにぬるめのお湯につかり半ほど半身浴

年齢を重ねると共に、毎日の原則コスメティックだけのお世話では、良好なお肌の時点を維持できなくなってきました。

いつものビューティー法に加えて、新たに実践するニードがあったのです。

本来ば、エステサロンに行きプロの手法に施術してもらうのがベストベストなのですが、女のあたいにはあんな贅沢なことを言ってはいられません。

そこで、いくつかのセルフケアを始めました。
しかも、全て合わせても1000円ほどで見込めるビューティー法だ。
それでは、角質ジェルの利用だ。

「ロゼットゴマージュ」の「角質つやつや擦り付けるジェル」によってある。
薬屋で400円ほどで購入できます。

こちらを乾いた風貌に適量塗って円を描くようにマッサージすると、古めかしい角質がポロポロと取れて来る。
終わった後には、お肌がテカテカになります。

気になる黒ずみやざらつき、くすみなども改善できるのです。
あたいは寝起きにやっています。
そうすることで、お化粧のビートも良くなるのです。

次に、夜更け、お風呂に入るときにぬるめのお湯につかり半ほど半身浴をします。
好きなガイドブックを読みながら、入浴すればさくっと過ぎてしまう。
汗もじんわりというしばしば現れるのでデトックス効果も高いです。

三つめに使用しているのは、「フェイスマスク ルルルン」だ。
こちらも薬屋で400円ほどで買上でき、こういう売り値の割には、ヒアルロン酸やアボガドエキス、アカシヤはちみつなどの保湿素材や、コメセラミドなどの整人肌素材、マンダリンオレンジ果皮エッセンスなどのハリやツヤ素材も含まれています。

お風呂から出た後に、TVを見ながら座席マスクをするという「ながらビューティー」だ。
こういう三つのスピードを加えただけで、40代のお肌は見違えるほど美肌になれました。

単価に関係なく、丁寧に一年中ケアして出向くことが、アンチエイジング対策には大切だと実感しています。シングレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です