要注意なのは歯周病や顎関節症

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。

それは本当のことではありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが良いと言えます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です